【弘前大学附属中学校入試情報】

【学習塾ネクステージ】では、弘前大学附属中受験の生徒の応援をしています。  

【弘前大学附属中学校入試定員・倍率】

令和3年度の弘前大学付属小中学校の定員・クラス減については下記を参照ください。

kasikoi.hatenablog.com


令和3年度から弘前大学教育学部付属中学校1学級減で定員も減
5学級⇒4学級
1学級の児童数も33人⇒32人へ
学年あたりの定員数165人⇒128人へ
  年度によっては附属小学校から他の中学に進学する児童の数により若干変動します。  

以下の受験者数・合格者数・倍率は公表されたものではなく、当教室のヒアリングその他による数字であることをご了承ください。

令和3年度入試
男子39名以上受験22名合格倍率1.77倍以上
女子31名以上受験21名合格倍率1.48倍以上
受験者数は男女とも減少。
定員減の影響で合格者数が男女とも昨年度より減少し、昨年度よりも厳しい入試となりました。


令和2年度入試
男子52名以上受験41名合格倍率1.27倍以上
女子54名以上受験45名合格倍率1.20倍以上
受験者数は男女とも減少。
合格者数が男女とも昨年度より増加し、特に女子はここ数年で最も倍率の低い年となりました。


H31年度入試
男子62名以上受験34名合格倍率1.82倍以上
女子61名以上受験34名合格倍率1.79倍以上
受験者数は男子は昨年より増加。女子は微減となったようです。
合格者数が男女とも昨年度より減少し、特に男子は昨年度より厳しい入試となりました。
 

H30年度入試
男子54名受験43名合格倍率1.26倍
女子66名受験36名合格倍率1.83倍
受験者数は男子は昨年より微減。女子は微増となったようです。
また合格者の数も女子の数が少なく、女子にとっては昨年より狭き門となりました。

また、算数は短い時間で手数の多い計算を正確にする必要があり、やはり普段から計算力を鍛え、様々なパターンの問題に触れる訓練が必要とされる問題でした。

H29年度入試
男子59名受験38名合格倍率1.55倍
女子62名受験40名合格倍率1.55倍
昨年度よりは少し落ち着いた倍率となりました。

H28年度入試
男子63名受験24名合格倍率2.6倍
女子65名受験31名合格倍率2.1倍
合格者定員が減り、特に男子は非常に高い倍率となりました。

【弘前大学附属中学校入試問題難易度・対策等】
・例年算数では、通常の小学校での教科書準拠プリントだけでは対応できないような問題も出題されています。
したがって、過去問題を演習するなどの対策が必須です。
算数の計算も、やや複雑なものも入っているので、普段から早く正確に計算する練習が必要です。
・理科と社会では、通常小学校の三学期で学習する単元からも出題されますから、小学校での学習より早めに学習を終えることが必要です。
特に社会では政治の単元もしっかり学習が必要ですし、時事問題も出題されたりするので、普段から新聞やテレビのニュースに気を付けておくことが必要です。
・理科は比較的オーソドックスな問題が多いですが、これもしっかりと小学校三学期で学習する、水溶液やてこの原理といった単元の学習も必要です。


お問い合わせ:0172(33)5282

住所:〒036-8003 青森県弘前市駅前町8-1
大町タウンビル4F

←学習塾ネクステージTOPへ